組合マーク 白馬山案内人組合
北アルプス

 メインメニュー

 後立山情報

 白馬山案内人組合

 アクセスカウンタ
今日 : 1292
昨日 : 2558
総計 : 2887432
LogCounterX by taquino

 オンライン状況
14 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが 白馬山案内人組合 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 14

もっと...


白馬岳周辺のコースガイド

【白馬大雪渓から白馬岳・白馬大池経由で栂池へ】
1日目:猿倉〜白馬尻〜白馬大雪渓〜小雪渓〜お花畑〜山小屋(泊)
2日目:山小屋〜白馬岳〜三国境〜小蓮華岳〜白馬大池〜白馬乗鞍岳〜天狗原〜栂池

1日目
猿倉から緩い林道を終点まで歩き、滑りやすい登山道を歩くと白馬尻に到着する。ここから樹林帯の中を進むと目前に広がる白馬大雪渓。 雪上歩行に自信のない人は軽アイゼンを装着してこの大雪渓を登ります。
白馬大雪渓は何段かの急登がありますが、しっかりとアイゼンの歯を効かせて道しるべとなる紅柄沿いに登り、葱平へと続く尾根へ取り付きます。 ここからは滑りやすい道の急登ですが高山植物の美しい所なので、ゆっくりと焦らずに登っていきましょう。
水が流れる尾根道を登り切ると小雪渓の入り口。ちょうどお昼頃になると思うので、ここで昼食にしてもいいでしょう。
小雪渓はスコップで掘られたトラバース道を慎重に進み、対岸のトイレ小屋(現在使用不可能)を過ぎるとお花畑はもうすぐ。 ここで登りは一旦緩やかになりお花畑に到着します。
お花畑からは最後の急登。階段が作られた登山道をゆっくりと登り、左手前方に見えてくるのが村営白馬岳頂上宿舎。 さらに20分程緩やかな稜線を歩くと白馬山荘に到着します。(歩行時間:約7時間)
※危険箇所:白馬大雪渓(落石)
白馬大雪渓詳細図

2日目
山小屋で朝食を食べてから出発。緩い稜線の道を歩くと、程なく白馬岳の頂上に達します。頂上からの眺めを堪能したら岩稜混じりの尾根道を下り、 コマクサの群落を眺めながら進み三国境に到着し、雪倉岳への道を別けて右手の栂池方面へ進むと小蓮華山の頂上に到着します。
小蓮華山から先も快適な稜線歩きが続き、船越の頭を越えればハイマツ帯の緩やかな下りとなり、グングン高度を下げるとやがて右手に白馬大池 が見えてきます。白馬大池には山小屋もあり、休息するには最適の場所。ここら辺で長い下りに備えて大休止しておきましょう。
さて、白馬大池からは大きな岩を飛び石伝いに歩く緩やかな登りとなり、足元に注意しながら登ると広い頂上部を持つ白馬乗鞍岳へ達します。 ここは天気が悪いと方向感覚が無くなるので要注意です。
白馬乗鞍岳より登山道は右手に折れて天狗原へと下っていくのですが、時期が早いと急な雪渓がありアイゼンが欲しいところ。 また、雪渓がなくても大きな岩で大雑把な道なので転んだりしないように注意して下さい。
やがて木道となり天狗原に到着すれば栂池はもうすぐ。木の根が張り出した急な道を下るとロープウェイ駅までは一投足です。(歩行時間:約6時間)
※注意箇所:白馬乗鞍岳(道迷い)・白馬乗鞍岳〜天狗原間(スリップ・転倒)

シラネアオイ 白馬大雪渓 白馬大池
白馬尻のシラネアオイ白馬大雪渓中間部白馬大池を望む


北アルプス 白馬山案内人組合
〒399-9301 長野県北安曇郡白馬村北城八方口5855
(電話) 0261-72-7132  http://hakubaguide.com
プリンタ出力用画面 友達に伝える
前のページ
コースガイド
コンテンツのトップ 次のページ
白馬大雪渓から白馬三山縦走と鑓温泉